【秋華賞 2021】関東馬に最凶の呪いが…ユーバーに立ちはだかる過去10年データ 出走・枠順・予想



秋華賞(G1)

2021/10/17(日) 阪神芝2000m
3歳オープン (国際) 牝(指)(馬齢)

秋華賞 2021
出走予定メンバー(10/15時点)

馬名 年齢 騎手 前走
【人気】アカイトリノムスメ牝3戸崎オークス2着
アナザートリック牝3津村佐渡S(3勝ク)1着
【人気】アンドヴァラナウト牝3福永ローズS1着
アールドヴィーヴル牝3松山ローズS3着
エイシンヒテン牝3松若ローズS2着
エンスージアズム牝3岩田望ローズS7着
クールキャット牝3和田竜ローズS11着
サトノアイ牝3坂井瑠御宿特別(2勝ク)1着
サルファーコスモス牝3川田納谷橋S(3勝ク)2着
ステラリア牡5武豊オークス13着
スライリー牝3石川裕紫苑S15着
スルーセブンシーズ牝3大野紫苑S2着
【人気】ソダシ牝3吉田隼札幌記念1着
タガノパッション牝3武豊ローズS12着
ファインルージュ牝3ルメール紫苑S1着
ホウオウイクセル牝3丸田紫苑S13着
ミスフィガロ牝3藤岡康紫苑S3着
【人気】ユーバーレーベン牝3Mデムーロオークス1着

秋華賞 2021 枠順確定

1スルーセブンシーズ55.0kg大 野
2ステラリア55.0kg武 豊
3クールキャット55.0kg和田竜
4ソダシ55.0kg吉田隼
5エイシンヒテン55.0kg松 若
6スライリー55.0kg石川裕
7サルファーコスモス55.0kg川 田
8エンスージアズム55.0kg岩田望
9アンドヴァラナウト55.0kg福 永
10アールドヴィーヴル55.0kg松 山
11ユーバーレーベン55.0kgMデムーロ
12アカイトリノムスメ55.0kg戸 崎
13ホウオウイクセル55.0kg丸 田
14ファインルージュ55.0kgルメール
15アナザーリリック55.0kg津 村
16ミスフィガロ55.0kg藤岡康

秋華賞 2021 有力馬情報

ソダシ:1人気予想

オークスで化けの皮が剥がれたのでは…という厳しい見方を嘲笑うかのように、札幌記念は古馬を一蹴。52キロの軽量とはいえ、休み明けで番手からの抜け出しは、本番に向けて安心感を抱くには十分。白毛伝説はまだ続く。

日付 レース 着順
21/08/22 札幌記念(G2) 2人気①着
21/05/23 優駿牝馬(G1) 1人気⑧着
21/04/11 桜花賞(G1) 2人気①着
アンドヴァラナウト:2人気予想

血統の良さを裏付けるかのように、デビューから福永が一貫してコンビを組み、②②①②①①着と全連対。ローズS後に彼が「教えたことが実を結んできた」と上機嫌で語るだけあって、本番前にコーナー4つのコースを克服できたのは大きなポイント。GⅠに殴り込みをかける準備は万端だ。

日付 レース 着順
21/09/19 ローズS(G2) 4人気①着
21/08/01 出雲崎特別(1勝ク) 1人気①着
21/06/05 3歳以上1勝クラス 2人気②着
ユーバーレーベン:3人気予想

デビュー勝ち以降は苦杯を喫し続けていたが、強心臓デムーロによる腹の据わった騎乗が光り、オークスでは見事な好位差しが炸裂。急逝したマイネル軍団総帥への餞(はなむけ)となった。兄には息長く活躍するマイネルファンロン。ひと夏越した成長にも期待がかかる。

日付 レース 着順
21/05/23 オークス(G1) 3人気①着
21/04/25 フローラS(G2) 2人気③着
21/03/20 フラワーC(G3) 1人気③着
アカイトリノムスメ:4人気予想

金子オーナーの“箱庭馬”はソダシ(クロフネ×ブチコ)だけではない。ディープ×アパパネの12冠ベイビーと、血統の良さではアカイトリノムスメに軍配が上がる。今回はぶっつけ本番となるが、そこは母アパパネとの親子制覇を狙う国枝師。無冠で終わる気はさらさらない。

日付 レース 着順
21/05/23 オークス(G1) 2人気②着
21/04/11 桜花賞(G1) 4人気④着
21/02/13 クイーンC(G3) 2人気①着

競馬ファンが参考にしている指標を[穴ファクター]で見てみようか!

秋華賞
高配当を演出する
穴ファクター・ビッグ3
(※過去10年)

穴ファクター1【枠順別成績】

枠順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 3- 2-14/19 0.0% 15.8% 26.3%
2枠 1- 2- 1-15/19 5.3% 15.8% 21.1%
3枠 2- 0- 1-17/20 10.0% 10.0% 15.0%
4枠 1- 2- 1-16/20 5.0% 15.0% 20.0%
5枠 0- 1- 0-19/20 0.0% 5.0% 5.0%
6枠 1- 1- 2-16/20 5.0% 10.0% 20.0%
7枠 3- 1- 3-22/29 10.3% 13.8% 24.1%
8枠 2- 0- 0-28/30 6.7% 6.7% 6.7%
POINT

【注目】内枠が比較的有利~ロスない競馬が鍵

どの枠もまんべんなく来てるけれど、やっぱり内枠の馬券圏内率(複勝率)の高さが目立つよね。とくに1枠は勝ち星こそないものの、26.3%と全枠でトップだよ。

コーナーを4つ曲がるコースだから、内でロスなく運べる馬が相対的に有利なんだろうね。今年も内枠馬には要注意だよ!

穴ファクター2【所属別成績】

所属 着別度数 勝率 連対率 複勝率
関東 1- 3- 1- 66/ 71 1.4% 5.6% 7.0%
関西 9- 7- 9- 81/106 8.5% 15.1% 23.6%
POINT

【はっきり】関東馬は勝つまでには至らない?

西高東低に加えて輸送も酷なんだろうね。過去10年で関東所属馬が勝ったのは一度のみ。しかもその一度はアーモンドアイなんだ。いかに関東馬にとって秋華賞を勝つのが難しいか分かるよねぇ。

今年は国枝厩舎のアカイトリノムスメ(オークス②着)や手塚厩舎のユーバーレーベン(オークス①着)が関東から遠征するけれど、はたしてオークスみたいにうまくいくかな?

穴ファクター3【前走別成績】

前走 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ローズSG2 3- 5- 7-56/71 4.2% 11.3% 21.1%
優駿牝馬G1 3- 0- 0-12/15 20.0% 20.0% 20.0%
紫苑SG3 2- 3- 0-20/25 8.0% 20.0% 20.0%
紫苑S 1- 0- 0-24/25 4.0% 4.0% 4.0%
クイーンG3 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0%
POINT

【注意】オークスからの直行組には警戒せよ!

一見すると、オークスからのぶっつけ本番組が勝率も馬券圏内率も高いように見えるけど、実はピンパー。馬券になったのは勝った3頭だけで、そのうちの2頭は3冠馬(デアリングタクト、アーモンドアイ)。

しかも過去15頭のうち10頭は二桁着順のド大敗だし、前走オークス組はバッサリ軽視するのもありかもねえ?今年はユーバーレーベン(①着)、アカイトリノムスメ(②着)、ステラリア(⑬着)が該当するよ。

暴露王の注目好調教馬!
▼【追い切り特選】▼

スルーセブンシーズ  (美浦・尾関厩舎)
穴指数★★★☆☆
美浦・南W(稍重) 83.3-66.5-52.1-38.2-12.0⑧馬なり

ここ2戦とも当欄で取り上げられていたとおり、とにかく攻め気配の良さにはいつも惚れ惚れとさせられる馬。今回もウッドの外めをダイナミックなフォームで駆け抜け、馬体の小ささをまるで感じさせぬド迫力。やりすぎて体を減らしたオークス時と違ってサジ加減も絶妙で、このままの雰囲気で臨めれば怖い。

暴露王はどう見る?
▼秋華賞 2021の注目馬▼

注目馬1:ソダシ

前走:札幌記念(G2) 2番人気・1着
穴指数:★☆☆☆☆


ファンの多い人気の白毛馬だよ!白毛がクラシックGⅠの主役になる日が来るなんて少し前までは考えられなかったよねぇ。

今回は穴ファクター2【関西馬の成績が安定】、穴ファクター3【オークスからのぶっつけじゃない馬を狙え】の2つに該当するよ!

注目馬2:ユーバーレーベン

前走:オークス(G1) 4番人気・1着
穴指数:★★☆☆☆


マイネル軍団の馬がクラシックの頂点に立つなんて、競馬はやっぱりロマンだよねえ。

ただし、今回は穴ファクター2【関東馬は勝てていない】、穴ファクター3【オークスからのぶっつけ組はピンパー】に該当。しかも手塚師が「急仕上げ感は否めない」なんて言ってるし、過度の楽観視は要注意かな。

これらの馬は要チェックだね。
でも、実は秋華賞には・・・
【穴指数:★★★★★】の激走馬がいるよ!

秋華賞 (G1)

無料で入手する