ネタコンテンツ

トレセン発!平日特捜便

一般ファンにはほとんど入ってこない平日トレセンのナマ情報を厳選して先取り。ここを見ればより一層、週末が待ち遠しくなること間違いなし!

特別無料公開中!
【水曜想定注目馬】
東京3・4日目

東京3日目2Rゲンパチプライド

堀井厩舎
初戦は④着だったが、気持ち余裕残しの体つき。騎乗した戸崎Jも「最後はそのぶんだけ踏ん張りが利かなかった。でもイイ馬だし、すぐにチャンスが来る」と振り返っていた。もともと厩舎内でも「近いうちに勝ち上がれる」と評価されていた馬。鞍上は武藤Jに替わるが、2戦目で前進あるのみ。

東京3日目7Rレフトゥバーズ

萩原厩舎
春はクイーンC除外で共同通信杯(不利あって⑨着)に回るなどケチがついてしまったが、基本的な能力の高さは衝撃だった新馬Vが示すとおり。③着だった前走にしても①②着馬はすでに2勝クラスを卒業済みというハイレベルで、泣きで有名な師も「さすがに負けないだろう」と強気に構えている。

東京4日目1Rニシノフウジン

中野栄厩舎
「北海道で④⑧⑦着。使いながらドンドン発馬が悪くなってきたので一旦リセットして立て直した」と厩舎サイド。どうやらこれが吉と出たようで、戻ってからの動きの良さは明らかに未勝利卒業レベル。「ゲートもしっかり練習した。距離延長で五分に出れば変わるはず」と巻き返しに自信ありげ。

東京4日目6Rギャリエノワール

萩原厩舎
初ダートとなった前走が逃げて後続をバラバラにする大楽勝。しかも6馬身ちぎった②着馬がその後①③着だから、この馬も昇級即通用レベルにあるのは言うまでもないところ。担当も「ひと息後でも乗り込み十分で好仕上がり。コース替わりも問題ないし、まともなら負けられないよ」とキッパリ。

≪ご注意≫
上記の注目馬の出走予定、情報はあくまで水曜想定段階のものです。除外・出走回避・レース変更等、最終的な情報入手により、変動する可能性もあります。当週の確定情報を必ずご確認ください。

<< 一覧に戻る